ジェンダーギャップ会議

 日経SDGsフェスで「ジェンダーギャップ会議」が開催された。
 そのうちパネルディスカッション「日経 ウーマンエンパワーメントコンソーシアム発足記念〜ジェンダー平等こそ経営戦略だ」は非常に興味深かった。
 会場には行けないのでwebで参加。
 パネリストには、カゴメ 取締役会長・寺田 直行 氏、ポーラ 代表取締役社長・及川 美紀 氏、日経BP 日経xwoman総編集長・羽生 祥子氏が、コーディネーターは日経BP 執行役員・高柳 正盛氏のメンバーでの約1時間のパネルディスカッションが行われた。ジェンダー平等をどのように経営に取り入れているか、現在の問題点とこれからの取り組みについての話があったが、いくつか心に残る点があった。

 まずジェンダー平等を取りいえるよう会社を変えていくという強い意志を持つことが必要であるということ。
 意思決定の現場に女性が入れないことが多い。管理職に女性登用ができないのは人材育成ができていないということ。
 結果の平等でなく女性も管理職になるという機会の平等を与えることが大切。
 これらトップの発信力が重要である。
 そして羽生氏が及川氏に対して、「女性社長を任命した男性がすごくえらい。」という発言に対して、及川氏は「もちろんそれもあるかもしれないが、指名委員会の人たちは男性だから、女性だからということでなく、フラットに次の役割として任命したのではないかと思っている。そういう及川のキャラクターに任せてみたい、こういう業績をやってきたことに任せてみたいということで判断する。」という発言は、私自身が恥じ入った部分でもあった。
 自分が税理士会長野支部長になった時に、まさに「男性社会の中で、自分を支部長に認めてくれた税理士の先生方はすごい!」と思っていたからだ。つまり女性なのによく支部長として受け入れてくれたなあ~と消極的な考えしか出てこなかった。まさにジェンダーギャップにどっぷりとはまっていたのだ。
 あれから10年後、SDGsに取り組むようになって周りも自分も少しずつ変わってきている。2030年を目指してさらに取り組んでいくことは何か・・、どこまで実現できたかを検証しながら、事務所においてもジェンダーレスを深めていかなくてはならないと思っている。
 男女差ではなく、個性だったり、業績だったり、志だったりで役割を担う社会が来てほしいとも及川氏は発言してた。同感。

遺言書

 相続の仕事をしていて、最近遺言書を残されているケースが目立っている。
 2020年7月10日からは法務局における自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度がスタートするから、保管については少し安心になるかもせれない。
 遺言書の内容によっては、判断に迷う内容だったり新たな紛争を呼び起こす内容も含まれている場合もあるので、作成には要注意だ。

 2件立て続けに自筆遺言書がある相続が発生した。家庭裁判所で検認を受けた遺言書がやってきた。
 いつも感動するのは自筆遺言書にも書かれている付言事項だ。公正証書遺言の付言事項はよく見るが。付言事項には相続人への感謝の言葉が書かれ、今後も仲良く暮らしてほしいという被相続人の願いも込められている。時には遺留分が主張されることもあるが、付言事項に書かれた被相続人の想いは相続人にきちんと伝わっていくことが多い。 
 これが私にとっては感動なのだ。
 相続人間の仲が良いと気持ちよく仕事ができるんです。

ヒトリシズカ

「新しい生活様式」の実践例NO4

「新しい生活様式」の実践例NO4です。

4 働き方の新しいスタイル
(1)テレワークやローテーション勤務
(2)時差通勤でゆったりと
(3)オフィスは広々と
(4)会議はオンライン
(5)名刺交換はオンライン
(6)対面での打ち合わせは換気とマスク

「新しい生活様式」の実践例をNO1からNO4まで紹介しました。

 事務所にとっての働き方の新しいスタイルでは、コロナ自粛中にはテレワークやローテーション勤務を実施したが、自粛が緩和されてからは元に戻してしまった。今後もテレワーク等の実施をしていくのが新しいスタイルの働き方だ。
 職員全員ともマイカー出勤だから時差通勤は必要ない。
 対外的な会議はオンラインが始まりつつある。
 問題は、オフィスがあまり広々としていないことだ。当面はテレワークで人数を減らし、換気をこまめに行っていくしかないのだろう。
 「新しい生活様式」が少し具体化してきた。今だけでなく、これからず~と変えていかなくてはならないことなんだ。

タニウツギ

「新しい生活様式」の実践例NO3

「新しい生活様式」実践例NO3は以下の通りです。

3 日常生活の各場面別の生活様式
(1)買い物
  ・通販も利用
  ・1人または少人数ですいた時間に
  ・電子決済の利用
  ・計画を立てて素早く済ます
  ・サンプルなど展示品への接触は控えめに
  ・レジに並ぶときは前後にスペース
(2)娯楽、スポーツ
  ・公園はすいた時間、場所を選ぶ
  ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  ・ジョギングは少人数で
  ・すれ違う時は距離をとるマナー
  ・予約制を利用してゆったりと
  ・狭い部屋での長居は無用
  ・歌や応援は十分な距離かオンライン
(3)公共交通機関の利用
  ・会話は控えめに
  ・混んでいる時間帯は避けて
  ・徒歩や自転車利用も併用する
(4)食事
  ・持ち帰りや出前、デリバリーも
  ・屋外空間で気持ちよく
  ・大皿は避けて、料理は個々に
  ・対面ではなく横並びで座ろう
  ・料理に集中、おしゃべりは控えめに
  ・お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて
(5)冠婚葬祭などの親族行事
  ・多人数での会食は避けて
  ・発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

月下美人

「新しい生活様式」の実践例NO2

「新しい生活様式」実践例NO2は以下の通り。

2 日常生活を営む上での基本的生活様式
(1)まめに手洗い・手指消毒
(2)咳エチケットの徹底
(3)身体的距離の確保
(4)「3密」の回避(密集、密接、密閉)
(5)毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養

ミツガシワ

「新しい生活様式」の実践例NO1

 「新しい生活様式」といわれて、具体的に・・・?実践例が発表されたのでご紹介します。

NO1 一人一人の基本的感染対策
1 感染防止の3つの基本
(1)人と人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
(2)遊びに行くなら屋内より屋外を選ぶ。
(3)会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。
(4)外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用。
(5)家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える。シャワーを浴びる。
(6)手洗いは30秒程度かけて水と接見で丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。
2 移動に関する感染対策
(1)感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
(2)帰省や旅行は控えめに。出張はやむを得ない場合に。
(3)発症したときのため、だれとどこで会ったかをメモにする。
(4)地域の感染状況に注意する。

以下次回

サンカヨウ

長野県SDGs推進企業登録

 SDGsを事務所が取り組むようになって約1年。
 長野県SDGs推進企業に登録された。以前からエコアクション21に取り組んでいたが、もっと幅広い分野での種々の取り組みをすることにより様々な課題解決を意識して企業活動を行っていくようになる。
 長野県登録制度は全国に先駆けて創設されている。SDGs推進に向けた取り組みは企業価値の向上と社会貢献の両立を促すものとなる。
 事務所としては、SDGsの取り組みを推進しつつ、手を挙げる企業とともに持続可能な地域社会の実現を目指していきたい。

持続化給付金

 5月になった。今日から持続化給付金の申請が始まった。申請期間は令和3年1月15日まで。電子申請が基本となっている。
 最初にメールアドレスを入力し仮登録を行う。その後送られてくるメールで本登録を行う。ID・パスワードを入力するとマイページが作成されて、必要情報を入力し、必要書類を添付して申請するという流れだ。
 必要書類は、前年の確定申告書類の控え、売り上げ減少となった月の売上台帳の写し、通帳の写しで、個人事業者の場合には本人確認書類の写しが必要である。各データーの保存形式は、PDF・JPG・PNGのいずれか。スマホなどの写真画像でも可能らしい。
 給付要件の大前提として、1ヶ月の売上が前年同月比で50%以上減少していること。売り上げが大幅に減少している感覚があったとしても明確に数字で示す必要ありです。

カタクリ

在宅勤務

 いよいよ事務所も本日から在宅勤務及び職員の計画休業がスタートした。
 狭い事務所の中で、職員が仕事をしているのが非常に気になっていた。みんな段取りよろしく、在宅勤務と計画休業を難なく開始することができた。一人一人の協力がないと難しいだろう。
 結果、事務所内での勤務人員は約50%減らすことができる。なかなか80%はハードルが高いが、実施しないよりはいいだろう。

 日本税理士会から「税理士の業務とテレワーク、新型コロナウィルス感染防止対応版」という文書が回ってきた。 
 そこにはテレワーク類型のうち在宅勤務に関するFAQが取りまとめられている。その内容に沿った在宅勤務をスタートさせたのだ。計画休業については、要件が合えば雇用調整助成金を申請する予定だ。しかしその申請のなんと厄介なことか・・・。中小企業泣かせだと思う。複雑な手続きのハードルが越えられない企業もたくさん存在するのでは・・・?

 

ショウジョウバカマの花の中

休暇取得支援

 大変なことが続いている。
 事務所でも未満児を持つ職員がいて、保育園では子供を預かってもらえなくなった。この職員には、年次有給休暇とは別に有給の休暇を取ってもらうことにした。また他の職員についても計画休暇の取得か在宅勤務の形態をとってもらい、なるべく事務所内での仕事の人数を減らす計画である。4~5月は3月以上に忙しい月であるから大変ではあるが・・・。
 でもみんな気持ちよく協力してくれ、とても有り難い。
 こうした状況の時にその人ざまが現れるというが、職員に対して頭が下がる。在宅勤務についても早くからみんなが進んで準備をしておいてくれたようで、税理士が職員を監督するためのシステムも登録するだけになっている。2~3日中にはスタートする予定だ。
 先が見えない不安、いつ感染するかもしれないという不安。予防をしっかりとやって、まずは困っているクライアントのお手伝いをしていくことだ。借入、助成金申請のお手伝いを少しでもできたらと思っている。
 事務所は、「小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援の助成金」を申請する。