裾花発電所と制御センター

 長野県企業局が運営管理する裾花発電所と制御センターの見学をさせてもらった。長野県は2050年ゼロカーボンに向けて、いろいろな施策を行っている。その中の一つとして、再生可能エネルギーでの発電、つまり水力発電も行っている。長野市内から一番近い裾花発電所に初めて足を運んだ。企業局の案内で、いろんな説明をしてもらったのがとても嬉しかった。

 裾花発電所は地下発電所となっており、山をくり抜き、トンネル280mを通った裾花ダム直下の地下にできている。ちょうどメンテナンスの時期で、発電機が分解されており、その仕組みがよく分かった。

 ダム湖から地中の水管を通して90mの落差で水が落ち、入口弁を通ってランナー(水車の羽)が回る仕組み。ランナーを囲むケーシングまで入り込むことができ、仕組みが詳細に分かった。ちなみにケーシングは、カタツムリのようにだんだん狭くなってくる形になっている。発電に使われた水は、吸出管を通って先の湯の瀬ダムへ流れる。その放水路も見ることができた。ケーシングや放水路も発電機が稼働していたら絶対に見ることができない部分だ。

 昭和44年から稼働している裾花発電所は、これからも住民の使用する電気の一部となって、その役割を担っていく。それも再生可能エネルギーである水力発電による。

この280mのトンネルを通って発電所に着く。壁左上のケーブルには発電された電気が流れ変電所へ。そこで昇圧し中部電力に売電している。

取り外された発電機ローター(回転子)

発電機ステータ(固定子)でこの下で回転子が回る。

発電所に設置されている発電機制御装置

右は水圧鉄管で90m上から水が落ちてくる。今は取り外された入口弁を通って左のケーシングに水が行く仕組み。

水圧鉄管の中。90m上から続いている。

ケーシングの中。

発電に使われた水の放出路。

裾花ダム湖

裾花ダムはアーチ形だ。管理棟の下斜面の中に90m落差の水圧鉄管が入っている。

裾花発電所と裾花ダムを見学して、かなりテンションアップした。そして自分たちの生活がこうして守られていることの実感も。水力発電の力もすごい。

次に川中島制御センター内の視察。24時間体制で長野県内の件所有に発電所を監視しているとのこと。

発電量を示す計器。

川中島制御センターには水素ステーションもある。

まず川中島の水で水素を発生させる水水素発生器。

発生させた水素を圧縮する。

圧縮した水素を蓄圧する。

蓄圧した水素を車に充填する装置。

水素車は満タンで500㎞走行するそうだ。長野県では2台所有している。ゼロカーボンを目指し、普及していくといい。

県経営者協会女性部会と連合長野男女平等参画推進委員会の意見交換会

 今回で2回目の意見交換会が10月19日に開催された。女性の立場からの労使の問題についての意見交換会である。経営者側にとってみると、「企業目線だけでなく、労働者目線でどうやれば女性が働きやすくなるかを考えることができることが、この意見交換会の存在意義」と感じている。

 この意見交換会には、県産業労働部労働雇用課、県民文化部人権・男女共同参画課からの職員も参加してもらった。官民協力して、また労使懇談を重ねることによって、働きやすい職場、女性活躍推進につながっていくものと、私は確信している。

 経営者側のアンコンシャスバイアスの取り組みも大切だろう。これは次年度に計画したいと思っている。

女性リーダーの心得とチームづくり

 事務所の管理職の女性職員が出席したセミナー。『女性リーダーの心得とチームづくり』

 出席後に、受講者からレポートが提出された。その中身は、セミナーに出席して講師からもらった自分への気づきが書かれていた。

 「リーダーは生まれつきのものではない。努力によって、だれでもリーダーとして振舞い、組織に良い結果をもたらすことができる。」・・・という書き出しから、提出されたレポートは始まっていた。レポートに書かれていた内容は、いつも私が職員に望んでいた姿であった。

 モチベーションへの働きかけ方も学んでいる。そして経営者の立場での、私にとっての発想の転換もこのレポートには書かれていた。

 具体的には、カルビーの女性の活躍する新常識のこと。ある女性が執行役員の内示を受けたときに、当初は育児時短勤務のために無理と断ったらしい。しかし「勤務時間は関係ない、成果の出せる人を登用する」という一言もあって、執行役員に就任している。このことがきっかけとなり、女性の意識が変わり、子供のいる女性もどんどん活躍しているとのことだ。性別関係なく優秀な人を採用する。2014年には、時短勤務の初の女性工場長も誕生している。

 経営者側としても学びが多い。

 まもなく長野県経営者協会に属する女性経営者と連合長野の女性部との懇談会が開催される。働き方改革と女性活躍推進についていい意見交換がなされるといい・・・と思っている。

ユーチューブのオペラ鑑賞

 コロナ禍の前は、毎年2回は海外に行っていた。1年前から事務所の職員に休暇の予告をして、仕事の段取りをつけてマニアックな海外旅行をしていた。個人旅行だから、全て自分で計画を立て、航空チケットからホテル手配まで楽しんでやっていた。そして滞在する国では、オペラハウスでオペラ鑑賞を楽しんだ。

 今はそれができない。そこで知ったのがユーチューブでのオペラ鑑賞。カルメンが大好きで、いろんなオペラのカルメンをユーチューブで楽しんだ。今は魔笛。15年ぐらい前に、ニューヨークへ行ったときに鑑賞したメトロポリタン劇場での魔笛は衝撃的だった。その時のものがないかと捜したが残念でした。しかし1991年版のメトロポリタン劇場の魔笛が見つかった。今はそれを楽しんでいる。

 来年の6月には海外へ行けるだろうか・・・。

関信越税理士協同組合マルチメディア研修

 毎年楽しみにしている関東信越税理士協同組合主催のWebセミナーが始まった。資産税部門の講師は昨年と同じ田村栄先生だ。内容は「相続税のチェックシートに学ぶ申告書の作り方」というテーマで、全12本のビデオが用意されている。視聴期限は2022年1月31日。24時間視聴可能でありがたい。早朝に学習時間を設けているからだ。オンデマンドだから気になるところは何回も聞き直したりして、非常に勉強になる。

 ワクワクしながらスタートした。今まで自分がやってきた申告手続きで見落としていたところもあるだろう。これからどんな展開になるか・・・。貴重な朝の2時間の学習時間は充実している。

バックキャスト思考

 最近、20代の人たちと話をする機会があった。今まで何を勉強し、これからは何をやりたいか・・・のディスカッションである。それぞれ自分の進みたい道を見出しており、進み始めている人もいれば、これからチャレンジする人もいたが、みんな輝いていた。目標を持っていると、一つのことでも見方が変わって受け止め方も違ってくるのだ。

 ある人は「今までバックキャスト思考でここまでやってきた。」と言っていた。あらかじめ目標を決め、そこを起点に現在を振り返り、今何をすべきかを考えながら段階的に目標に近づく努力をしていき、最終的に目標に到達する発想法だ。目標実現のために何ができるか・・・。

 こうした思考をもってチャレンジしている姿にとても刺激を受けた私である。

 事務所で取り組んでいるSDGsもバックキャスト思考で作られている。SDGsの取り組みも、自分の人生においての過ごし方ももう一度見つめなおしたいと考えさせられるきっかけになった。

雨の休暇

 事務所も盆休みに入った。連日の雨で、予定していたことがすべて実現できないでいる。ならば出来ることはWeb研修か・・・。久しぶりに太田達也先生のセミナーを見つけた。テーマは「貸倒損失、資産の評価損、繰越欠損金等の実務」だ。コロナ関連の取り扱いが含まれている。

 2.5時間であったが、一気に受講してしまった。太田先生のセミナーはいつ聞いても学ぶことが多い。太田先生の力のこもった講義も気に入っている。

 明日は「労働時間法制厳格化対応のポイント」を受講する予定。講師は、社会保険労務士で、元厚生労働省東京労働局労働基準監督官の上田真準氏である。

 勉強の4日間であったかな。

長野県経営者協会長野支部総会

 令和3年度長野県経営者協会長野支部総会が開催された。令和2年度の事業報告と令和3年度の事業計画。コロナ禍であるので、令和2年度がほとんど事業ができず、令和3年度は状況を見て実施ということになる。本会の事業活動本心に沿って支部も活動をしていく。今年度こそ、「会長を囲む経営懇談会」が実施されるといいなあ~と個人的に思っている。

 総会後の記念講話は、山浦愛幸・本開名誉会長が「生糸産業が創った長野県産業」という演題で、八十二銀行誕生の歴史も含めての内容であった。

 1873年に第一国立銀行が設立され1879年に国立銀行設立停止になるまでに153の国立銀行が設立された。現在の八十二銀行は、1877年に上田町(上田市)に設立された第十九国立銀行と1878年に松代町(長野市)に設立された第六十三国立銀行が1931年8月1日に合併して八十二銀行になった。2021年8月1日は90周年記念日である。生糸業が盛んな頃は、マユが銀行の担保権であり、諏訪倉庫で眉を保管したという話も興味深かった。





講演中の山浦会長

みんなで支える森林づくり県民会議

 みんなで支える森林づくり県民会議が開催された。今年度第1回目の開催であり、令和2年度森林づくり県民税活用事業の実施状況についての報告があった。

 現在森林税が導入されてから1期5年で2期終了の2017年度までの10年間は、里山での間伐を中心に森林づくりを進めてきた。現在は第3期目の4年目(令和3年度)に入っており、里山整備のほかに多面的に森林の利活用に使途を広げている。第2期が終了する時点で問題になった森林税基金残高も令和22年度末では358,938千円になった。1年間の森林税収入は6.8億円。森林税は令和4年度までの継続であり、令和4年度末には基金残高が0となる見込みだ。それまでにまた森林税の在り方を検討するのだろう。

 里山整備事業においては、予算の執行はおおむね計画通りだが、整備面積においては、第3期目標値が4,300haであるのに対し40%の1,726haしか実施されていない。「整備面積は予算の関係があり伸び悩んでいる」という県の説明があったが、森林税活用事業の要である里山整備事業なので、ならば今後どうしていくかの説明がもっと欲しかった。

 森林税の使途の認知度は38%。長野県県政モニターアンケート調査の結果ということである。

 山を守る、森林を守るために森林税を活用したたくさんの事業が行われているが、もう一歩環境に踏み込んだ議論ができるといいなあ~というも感じている。

 山奥に残されたワイヤーはどうするのか、鳥獣被害防止のための防護柵を設置しているが、倒壊してもそのままになっている現状、ならば生分解性製品を利用したウッドガードを積極的に利用することにより、さらに森林が生き返るのではないか・・・と思っている。

新型コロナウィルスに関する県民世論調査

 2021年2月15日~3月16日に実施された「新型コロナウィルスに関する県民世論調査」の結果が入手できた。長野県内に居住する18~84歳以下の男女1000人が対象で回答率は73.1%。29項目の調査である。興味深い内容であった。
 
 「新型コロナウィルスの影響により、家庭の収入に変化があったか」についての質問に対し、「減った、または今後は減りそう」の回答は33.1%、「変わらない」は60.5%、「増えた、または今後増えそうだ」は1.0%。「減った、または今後減りそう」の回答の職業別では、商工・自営業は72.7%、現業・サービス業系従事者で42.9%で、飲食店などの打撃の大きい業種を反映している。
 
 「経済活動は、元のように回復すると思うか」の回答は、「回復する」は38.9%、「回復しない」は26.7%、「何とも言えない・わからない」は34.2%に上っている。職業別では、役員・管理職・自由業は「回復する」が52.9%で農・林・漁業は「回復しない」が38.1%、商工・自営業は「回復しない」が36.4%であった。「回復する」時期は「2~3年」との見方が37.0%で「1~2年」が29.6%。つまり3人に2人は1~3年で経済活動がもとのように回復するとみている結果が出ている。